来客時には特に気になる

なんとなく臭う?

家の換気力・消臭力を高めて、イヤな臭いを一掃!

猫ほどはなくとも、排泄物は臭います。犬は猫と違って多少の体臭もあります。このような臭い対策には、通風・換気がもっとも重要。まず、トイレの位置は室内の空気の流れの最終地点とし、換気システムを取り入れましょう。また、抜け毛が乾燥による静電気や湿気の多さによって壁などに付着すると、これも臭いの原因になります。消臭生・調湿性のある壁材や天井材の採用も有効です。

抜け毛やヨダレ、おもらし…

お掃除が大変!

不衛生にならないように汚れをサッと取り去ろう。

愛犬はかけがえのない家族の一員、でも抜け毛、ヨダレの飛び散りやおもらしなど床や壁が汚れることも。こうした汚れは避けられませんが放置してしまうとカビやダニなどの原因になりかねません。また、臭いも気になってきます。すぐに汚れを除去できるように、掃除グッズ一式をカゴなどにまとめて、部屋の隅にスタンバイさせておくといいでしょう。

足腰に負担がかかるので

すべる床はキケン!

足の“パッド”でしっかり 踏んばれる、滑りにくい床に。

犬は普段、足のパッド(肉球)で床を踏みしめて歩いています。しかし、パッドの周りの毛が長くなっていたり、早く動こうと足に力を入れたときはすべりやすくなります。こうなると間接や筋肉に負担がかかってしまうので、毛を短くカットするとともに、踏み込みですべりにくい床材を取り入れましょう。間接の成長期にある仔犬や、パッド周りに毛の多い犬種、動きが多い小型犬種、パッドが乾きやすい老犬ではとくに配慮が必要です。

TEL(052)784-5569

営業時間 9:00~18:00